講師紹介

乙倉 和美プロフィール


洲和みち子バレエ研究所岡山支部に入所、バレエを始める。

18歳で上京、東京バレエ劇場に入団。「白鳥の湖」でオデットを踊りプリマとなる。

その後、松山バレエ団に移籍。

森下洋子・清水哲太郎両氏のもとで

「アレグロ・ブリランテ」第一女性舞踊手(主役)

「ジゼル」ミルタ

「白鳥の湖」,「くるみ割り人形」等

数多くの作品でプリンシパル・ソリストとして活躍。

1983年渡米し、サンフランシスコバレエ団、オークランドバレエ団等で研修。1988年帰国。

現在、日本バレエ協会、岡山県バレエ連盟に所属。

岡山バレエカンパニー団員として舞踏活動を続けている。